クマダの歴史 | お仏壇のクマダ

クマダの歴史HISTORY

昭和30年から続くクマダの歩み

  • 昭和30年
    クマダの歴史01

    名古屋市中区千代田にて熊田清(40才)が創業。
    戦後まもなく自宅の一部を作業場(10坪)にして
    一人で寺院仏具木地製造を始める。

  • 昭和43年

    現二代目 熊田光伸(20才)が熊田清に職人として師事する。
    愛知教育大学在学中、父(初代)の後姿を見て仏具職人の後継者となることを決め大学中退する。

  • 昭和45年
    クマダの歴史0

    大型厨子の木地完成。熊田清の作業場横にて。
    小さい寺院仏具製作の中で初めての大型春日厨子7尺の木地製作記念。

  • 昭和52年

    有限会社クマダ設立。同時に名古屋市熱田区千年に工場新築移転。
    (2階建て総建坪200坪)
    22坪から10倍近い200坪の工場新築に拡大。

  • 昭和54年

    株式会社クマダ設立。
    従業員は10倍の30名以上となり、寺院用仏具木地大量生産工場としては日本一の規模となる。

  • 平成元年

    代表取締役二代目に熊田光伸(旧名 栄)(41才)就任。
    コンサルタント一倉定直伝の経営計画書を作成。
    10年後のビジョンを掲げる。

  • 平成4年
    クマダの歴史0

    8尺宮殿を倉庫前で組立。関東の寺院へ発送前。
    この頃より大量生産から一品大型仏具製作に切り替える。

  • 平成6年
    クマダの歴史0

    工場前にて8尺大型厨子・須弥壇仮組み中。
    8尺・10尺・20尺と同型の場合、工場前にて仮組み。

  • 平成8年
    クマダの歴史0

    毎年の社寺見学研修旅行の平等院前でのスナップ写真。
    毎年、名古屋市内・京都・奈良の寺院を見学。自社製品に出会うこともしばしば。

  • 平成12年
    クマダの歴史0

    大型須弥壇12尺・宮殿10尺製作・施工。

  • 平生19年
    クマダの歴史0

    大型人天蓋8尺・幢幡12尺製造施工(北海道の寺院)
    大成建設施工の大寺院へ施工。

  • 平成19年
    クマダの歴史0

    大型名古屋型金仏壇(1,500万円)納品(名古屋市内)
    オリジナル大型金仏壇を6ヶ月かけて製作、納品。

  • 平成21年
    クマダの歴史0

    大型オリジナル黒檀仏壇(1,000万円)納品
    オリジナル大型黒檀仏壇を制作施工、沖縄まで設置。

  • 平成23年
    クマダの歴史0

    大型オリジナル黒檀仏壇(1,000万円)納品
    オリジナル大型黒檀仏壇を制作施工。
    名古屋市内のマンションへ設置。

  • 令和3年
    クマダの歴史0

    インターネット部門スタッフ11名、及び工場製造卸部門8名の計19名のスタッフで活動中。

  • 仏壇 位牌のなーむくまちゃん工房
  • rakuten
  • Yahooショッピング
  • amazon.co.jp